サーバーのバージョン情報を確認する方法

ASTERIA WARPを利用する皆さまは、サーバーバージョンやOS情報などを確認したいことがありますよね。今回はそれらの情報を確認する方法を紹介します。

管理コンソールでの確認

WARPの管理コンソールでは、サーバーバージョン、OS情報とJava情報を1度に確認することができます。「状態>サーバー情報」を開いてみましょう。

show_version_1.png

「サーバー情報」に、サーバーのバージョン情報が表示されています。

「OS情報」にOSのアーキテクチャ、名称、バージョンとシステムロケールなどが表示されています。

「Java情報」にJavaのベンダー、バージョン、データモデルなどが表示されています。特にJavaのバージョンは開発に大きな影響がありますよね。

flow-ctrlでの確認

コマンドラインからサーバーのバージョンを確認することもできます。

[INSTALL_DIR]/flow/bin/flow-ctrl(.bat)を実行しログインしてから、「version」というコマンドを実行してみましょう。

show_version_2.png

サーバーのバージョンが表示されますね。

残念ながら、コマンドラインからOSとJava情報を確認することはできないので、そのような情報を確認したい場合は管理コンソールを利用しましょう。

また、MC APIのserver/info/showで、管理コンソールと同じ情報を取得することができます。

それでは、また。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • Tips
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する