Windowsで監視対象にするフローサービスのプロセス数を教えてください

フローサービスがWindows環境下で動作する場合の各プロセスは次のとおりです。

1)最初に起動されるプロセス

flowsvc.exe(スタートメニュー起動の場合)
asjs.exe(サービス起動の場合)
上記いずれかになります。

flowsvc.exeは2)以降の各プロセスを起動します。
asjs.exeは3)以降の各プロセスを起動します。
それらの各プロセス名はすべてjava.exeです。

2)モニタープロセス
3)AccessControl
4)ManagementConsole
5)FlowService
6)Scheduler
7)InternalDataStorage
8)FtpService
9)Tomcat (バージョン4.7.1以前)

※7)-9)は使用しない場合は起動しません。
※バージョン4.8以降に 9)はありません。

上記より、サービス起動の場合ではjava.exeのプロセス数は下記のようになります。
最小 5 - 最大 7 (バージョン4.7.1以前の場合、最大 8)

あわせてFAQ「フローサービスの稼働を監視する方法を教えてください」を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • 運用
  • Windows
  • アーキテクチャ
  • 監視
  • プロセス
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する