LinuxでFTPサービスを起動するとエラーになってしまいます


LinuxなどのUNIXの場合、FTPサービスで一般に使用される20、21番ポートを使用するにはroot権限が必要となります。このため、ASTERIAのFTPサービスを20、21番ポートで使用したい場合、ASTERIAをrootユーザーでインストールし、起動しなければなりません。

権限のないユーザーでFTPサービスを起動した場合、次のようなエラーがFtpService.logに出力されます。

[net,main] HTTP_E_1011: サーバーソケットの作成に失敗しました java.net.BindException: Permission denied
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • パイプラインサービス
  • フローサービス
  • インストール/バージョンアップ
  • 動作環境
  • FTP
  • root
  • FTPサービス
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する