Excelコンポーネントのそれぞれの違いを教えてください

Excelの入出力コンポーネントはPOI版、Slim版、Standard(初期)版の3種類があり、それぞれ次のような特性があります。
処理可能なファイル、書式設定、セル数や制限事項など詳しくは各コンポーネントヘルプを参照してください。これらを参考に各コンポーネントを使い分けてください。
※メモリ使用量や処理速度および機能などのバランスから、特に理由がなければPOI版を利用することを強く推奨します。

  • POI版(バージョン4.5以降)
    ExcelPOIInput / ExcelPOIOutputコンポーネントは、Apache POIライブラリを使用しセルデータの処理を行います。対応するファイルは使用しているPOIライブラリに準じます。xlsx形式に対応しています。
  • Slim版
    ExcelSlimInput / ExcelSlimOutputコンポーネントは、セルデータの処理に最適化されており、処理性能が高いです。図形、テキストフィールド、マクロなどのオブジェクトを含むテンプレートファイルには対応していません。xlsx形式には対応していません。
  • Standard(初期)版
    ExcelInput / ExcelOutputコンポーネントは、複雑なワークブックを読み書きすることができますが、メモリ使用量が大きく、処理性能が低いです。他のコンポーネントで読み書きできないケースでご利用ください。xlsx形式には対応していません。
下記の使用メモリに関するFAQも参考にしてください。
Excelコンポーネントでメモリが大量に使われてしまいます
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • コンポーネント
  • Excel
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する