FlowService.logのサイズが巨大になってしまいます

フローを短いスケジュール間隔で運用したりURL実行のフローを頻繁に実行したりしていると、FlowService.logが巨大になってしまうことがあります。これを回避するにはいくつかの対策があります。

ログ出力レベルを変更する

フローサービスのログ管理はログ出力レベルの指定によって出力する情報量が異なります。FlowService.logのログ出力レベルは初期値で「情報」になっています。これを「警告」「エラー」「致命的エラー」のいずれかにすると「サブフローの実行を開始します」などのログが出力されなくなるため、ログの量を抑制することができます。ただし、実行されたフロー名などが出力されなくなり、障害が起きた場合などにフローの実行履歴を追うことが少し難しくなります。(フローでエラーが発生した場合は、エラー箇所のコンポーネントなどで詳細な情報が出力されます。)

FlowService.logへのログの出力を抑制するには、下記のように選択します。

 バージョン4.8.0以降の場合

  フローサービス管理コンソールの
  「設定」-「ログ」-「システム」-「出力レベル」の編集画面で、
  「フローサービス」の出力レベルで「警告」以上を選択します。

 バージョン4.7.1以前の場合

  フローサービス管理コンソールの「設定」-「ログ」-「システム」の
  画面で、「サービス名」で「FlowService」を選択、「出力レベル」で
  「警告」以上を選択します。

アプリケーションログを利用する

フローサービスにはアプリケーションログという機能があります。アプリケーションログは、特定のプロジェクトやフローのログの出力先を別ファイルにすることができ、日付ごとのローテーションの他にサイズでのローテーションをすることができます。アプリケーションログの設定は、フローサービス管理コンソールの「設定」-「ログ」-「アプリケーション」の画面で行います。アプリケーションログ設定を作成後、フローデザイナーからプロジェクトまたはフローのインスペクタの「アプリケーションログ設定」プロパティでどのアプリケーションログ設定に出力するか選択します。

FlowService.logへの出力を抑制するには、フローデザイナーからのアプリケーションログ設定で「システムログへ出力」プロパティに「いいえ」を選択します。システムログとはFlowService.logのことで、アプリケーションログのみへ出力するようになります。詳しくは「フローサービス管理コンソールヘルプ」の「設定」-「ログ」-「アプリケーション」、「フローサービスマニュアル」の「フローデザイナー」-「ログ出力機能」-「アプリケーションログ」の「フローの実行ログをアプリケーションログに出力する」を参照してください。
 
※アプリケーションログはコンポーネントで任意のメッセージを出力することもできます。
 
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • 運用
  • サイズ
  • 切り換え
  • 管理コンソール
  • フローデザイナー
  • ログ
  • アプリケーションログ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する