ASTERIA Warpのリスナー一覧にて外部向けと内部向けポートについて

ASTERIA Warpのリスナー一覧については下記をご参考ください。

■外部向け
・FlowService
 21380 HTTPリスナー(機能を使用しない場合はポートも使用しません)
 21443 HTTPSリスナー(機能を使用しない場合はポートも使用しません)
 21381 デザイナー
・Management Console
 28005 Tomcatリスナー (ASTERIA WARP 4.8.0以降では使用しません)
 28080 FSMCとMCAPI

■内部向け
・ASTERIA Monitorで利用するすべてのポート
・AccessControlで利用するすべてのポート
・Schedulerで利用するすべてのポート
・FlowService
 29900-29999
・InternalDataStorageで利用するポート

■リスナー一覧にないもの
・FTPServiceを使用する場合はそれに使用するポートも外部向けとなります。

※フローサービスの初期設定画面で20000番台を指定した場合

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他のキーワードで検索する