Excelコンポーネントの不具合の修正

対象製品

ASTERIA WARP 4.2.0.2128

リリース日

2008年8月7日

障害内容

  • 単一セルを12個以上登録するとExcelビルダーが起動しない
  • ExcelOutputコンポーネントの「シートの作成」プロパティが「コピー」の場合に正しく動作しない
  • 以前のバージョンでExcelOutputコンポーネントで「シートの作成」プロパティが「コピー」、「書き出すシート名」プロパティが空の場合、バージョン4.2で同じ指定が引き継がれない
  • ExcelSlim(Output)コンポーネントの「シートの作成」プロパティが「コピー」の場合に書式が欠ける場合がある

適用手順

ASTERIA WARPサーバーへのインストール手順

フローサービス、パイプラインサービスへのインストール手順を説明します。

  1. フローサービスを完全に停止します。(フローサービスを起動している場合)
  2. パイプラインサービスを完全に停止します。(パイプラインサービスを起動している場合)
  3. 修正版モジュールに置き換えます。
    対象モジュール fcexcel.jar
    インストールディレクトリ [INSTALL_DIR]/flow/lib/flowlib/
    対象モジュール jxl.ja
    インストールディレクトリ [INSTALL_DIR]/common/ext/
    ※ファイルのリネームではなく削除してください。バックアップするときは[INSTALL_DIR]配下以外に移動してください。
    ※FTPなどでコピーするときはBinaryモードで転送します。
  4. フローサービスを起動します。(フローサービスを利用している場合)
  5. パイプラインサービスを起動します。(パイプラインサービスを利用している場合)

フローデザイナーへのインストール手順

  1. フローデザイナーを起動し、上記手順で修正版モジュールを置き換えたサーバーに接続します。
  2. 「ツール」メニューの「コンポーネント/マッパー関数の取得」をクリックします。
  3. 「サーバー上のjarファイル一覧」より「fcexcel.jar」を選択して「ダウンロード」ボタンをクリックします。
  4. フローデザイナーを終了します。
  5. 修正版モジュールに置き換えます。
    対象モジュール ExcelBuilder.xla
    インストールディレクトリ [INSTALL_DIR]/lib/
    ※ファイルのリネームではなく、削除してください。バックアップするときは[INSTALL_DIR]配下以外に移動してください。
    ※FTPなどでコピーするときはBinaryモードで転送します。
  6. フローデザイナーを起動します。

注意

  • UNIX系OSの場合、ファイルの所有者やモードについて注意ください。
  • Windows Vistaの場合、管理者モードでモジュールを配置してください。
  • FTPなどでコピーするときはBinaryモードで転送してください。

本件に関するお問い合わせ先

本件について質問、意見などはASTERIA WARP/WARP Liteのユーザーサイトからお問い合わせください。

パッチファイル

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する