大きなサイズのプロジェクトファイルを保存できません

大きなサイズのプロジェクトファイルを保存しようとした場合に「保存」ボタンを押しても保存されなくなることがあります。その場合、フローデザイナーのログを確認するとメモリ不足によりOutOfMemoryのメッセージが出力されている場合があります。

ログを確認するには、フローデザイナーの「ヘルプ」メニューの「エラーログの表示」から参照するか、または以下のファイルを参照してください。

[APP_DATA_DIR]\log\error.log

※[APP_DATA_DIR]とは、以下のアプリケーションデータディレクトリです。

  • ASTERIA Warp 1812以降
    C:\ユーザー\[Windowsユーザー名]\AppData\Roaming\Asteria\ASTERIA Warp Flow Designer\[バージョン]
  • ASTERIA Warp 1610~1806
    C:\ユーザー\[Windowsユーザー名]\AppData\Roaming\Infoteria\ASTERIA WARP Flow Designer\[バージョン]
  • ASTERIA Warp 4.9.1以前
    C:\ユーザー\[Windowsユーザー名]\AppData\Roaming\Infoteria\flowdesigner\[バージョン]
プロジェクトが大きくなった場合は、下記の2つの方法をお試しください。
  1. プロジェクトファイルを分割する
    サーバーやフローデザイナーのマシン性能に依存しますが、ファイル容量で2MB以上、フロー数で50以上くらいを目安にしてください。(1つのプロジェクトファイルのフロー数やファイルサイズに制限はありません。)
  2. 最大メモリサイズを増やす
    フローデザイナーの機能にメモリに関する設定はありませんが、設定ファイルを直接、編集することで最大メモリサイズを変更することができます。
    ※設定ファイルの直接編集は推奨はしておりませんので、お客様の責任で行ってください。
    ※編集するファイルは、事前に必ずバックアップ(コピー)を取得してください。

    ■32bitのデザイナーを使用している場合
    Windowsの最大限界値は1400MB程度となっています。
    設定する値も「-Xmx1400m」程度としてください。
    ■64bitのデザイナーを使用している場合
    設定できる最大値の制限は特にありません。
    物理メモリの空き容量を考慮し、調整してください。
    ■設定値変更例
    ※下記は一例ですので、物理メモリの空き容量の範囲内で指定してください。
    ・編集ファイル:[DESIGNER_DIR]/Flow Designer.lax
    ・編集前:
    lax.nl.java.option.additional=-Xmx1024m -Djava.endorsed.dirs=lib\endorsed -Dasteria.library.path=native
    ・編集後:(最大メモリサイズを1400MBにしたい場合)
    lax.nl.java.option.additional=-Xmx1400m -Djava.endorsed.dirs=lib\endorsed -Dasteria.library.path=native

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

他のキーワードで検索する