.mapper-workというフォルダの下に巨大なファイルが出力されます

ユーザーのホームディレクトリ下の.mapper-workというフォルダの中には、フローのデバッグでステップ実行中にマッパーコンポーネントでステップインしたときに利用する実行情報がファイルとして保存されます。このファイルはストリームの量に応じて大きくなることがあります。

このファイルはデバッグ実行時以外は作成されません。また、フローの終了時には削除されます。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

他のキーワードで検索する