プロジェクトを開くと「ファイルをロックできなかったため読み取り専用で開きます」と表示されて編集できません

サーバーに接続してプロジェクトファイルを開くと、開いた端末のIPアドレスが記載されたロックファイルが[プロジェクトファイル名].$$$の形式で作成されます。プロジェクトファイル以外のフローデザイナーで編集できるファイルも対象になります。通常、このロックファイルはフローデザイナーを終了すると削除されますが、フローデザイナーを強制終了した、ネットワークが切断されたなどの状況ではロックファイルが残る場合があります。ロックファイルがある状態で、フローデザイナーからサーバーへ接続すると上記メッセージが表示されて編集することはできません。

編集できるようにするには、記録されているIPアドレスを確認し、問題がない場合には[ロックされたファイル名].$$$ファイルを削除します。

 

プロジェクトファイルは以下のフォルダに格納されています。

・ASTERIA WARP 1610以降
 [DATA_DIR]/home/[ユーザー名]

・ASTERIA WARP 4.9.1以前
 [DATA_DIR]/flow/home/[ユーザー名]

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • プロジェクト
  • フローデザイナー
  • ロック
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する