Excelコンポーネントでメモリが大量に使われてしまいます

Excelコンポーネントで扱うセル数/レコード数が大量である場合、それらのデータをすべてメモリに保持するため多くのメモリを使用します。

ExcelInput,ExcelOutputコンポーネントと比べて、ExcelSlimInput,ExcelSlimOutputまたはExcelPOIInput,ExcelPOIOutputコンポーネントのほうがメモリ使用量を少なくできます。それぞれのコンポーネントで詳細な機能が異なるため、実現したい処理が可能かどうかそれぞれのコンポーネントヘルプでご確認ください。

フローで全レコードを一括で入出力するように処理を行っている場合、同時に扱うレコード数を減らすことでメモリ使用量を抑制することができます。フローの処理ロジックを変更してメモリ使用量を抑える方法についてはドキュメント「フローサービスでのメモリ不足について」を参照してください。

また、コンポーネントで扱うことができるファイルサイズには次のように上限がありますので、ご注意ください。セル数の目安など詳しくは、それぞれのコンポーネントヘルプをご確認ください。

読み込み
コンポーネント名ファイルサイズの上限
ExcelInput10MB
ExcelSlimInput30MB
ExcelPOIInput30MB

書き出し
コンポーネント名ファイルサイズの上限
ExcelOutput5MB
ExcelSlimOutput20MB
ExcelPOIOutput20MB
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • コンポーネント
  • Excel
  • メモリ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する