新元号(2019年の改元)への対応について

2019年5月1日からの新元号「令和」に対応する手順を公開します。
対応手順に記載されている「1.パッチの適用」と「2.設定ファイルの編集」を行ってください。
※Java 1.8.0_211のJREを使用している場合は「2.設定ファイルの編集」を行う必要はありません。

対象製品

  • ASTERIA Warp 1812
  • ASTERIA Warp 1806
  • ASTERIA Warp 1712
  • ASTERIA Warp/Warp Lite 4.9.1.9425

リリース日

2019年4月12日

対応内容

FormatDate関数,、StrToDate関数,、Now関数、StrToDateStd関数が2019年5月1日からの新元号「令和」に対応しました。
「指定された形式の日付フォーマットに変換」と「文字列を日付データに変換」フィルターアクションが2019年5月1日からの新元号「令和」に対応しました。

対応手順

1. パッチの適用

以下のパッチファイルに同梱されているreadme.txtに従い、パッチの適用をお願いいたします。

  • ASTERIA Warp 1812 : AS-20190012-1812.zip
  • ASTERIA Warp 1806 : AS-20190013-1806.zip
  • ASTERIA Warp 1712 : AS-20190014-1712.zip
  • ASTERIA Warp/Warp Lite 4.9.1.9425
    • フローサービス   : AS-20190015-0491.zip
    • パイプラインサービス: AS-20190017-0491.zip

2. 設定ファイルの編集

 ・対象ファイル:[JREパス]/lib/calendars.properties
        (Warp4.9.1) [INSTALL_DIR]/jre/lib/calendars.properties
      ※[JREパス]とはASTERIA Warpで使用しているJava Runtime Environment(JRE)のパスを示します。
        例)FSMCのJavaパスが「C:/Program Files/Java/jre1.8.0_201/bin/java.exe」の場合
           「C:/Program Files/Java/jre1.8.0_201」になります。

 ・修正箇所:Japanese imperial calendarのcalendar.japanese.erasに新元号(赤字部分)を追加します。
       修正前:
           calendar.japanese.eras: \
           name=Meiji,abbr=M,since=-3218832000000;  \
           name=Taisho,abbr=T,since=-1812153600000; \
           name=Showa,abbr=S,since=-1357603200000;  \
           name=Heisei,abbr=H,since=600220800000
   修正後:
           calendar.japanese.eras: \
           name=Meiji,abbr=M,since=-3218832000000;  \
           name=Taisho,abbr=T,since=-1812153600000; \
           name=Showa,abbr=S,since=-1357603200000;  \
           name=Heisei,abbr=H,since=600220800000; \
           name=\u4ee4\u548c,abbr=R,since=1556668800000

※作業を行う場合には、フローサービスまたはパイプラインサービスを完全に停止した状態で編集してください。
※事前に対象ファイルのバックアップを推奨します。

本件に関するお問い合わせ先

本件について質問、意見などはASTERIA Warp/Warp Liteのユーザーサイトからお問い合わせください。

パッチファイル

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する