Record系コンポーネント マルチスレッド高負荷時の動作不具合の修正

対象製品

  • ASTERIA Warp 4.9.0.9199
  • ASTERIA Warp 4.9.1.9425
  • ASTERIA Warp 1610
  • ASTERIA Warp 1703

リリース日

2017年10月20日

障害内容

RecordSort, RecordJoin, RecordSQLコンポーネントでマルチスレッド高負荷時にStackOverflowErrorまたはArrayIndexOutOfBoundsExceptionが発生することがある。

適用手順

以下のパッチファイルに同梱されているreadme.txtに従い、パッチの適用をお願い致します。

  • ASTERIA Warp 4.9.0.9199 : AS-20170037-0490.zip
  • ASTERIA Warp 4.9.1.9425 : AS-20170038-0491.zip
  • ASTERIA Warp 1610 : AS-20170039-1610.zip
  • ASTERIA Warp 1703 : AS-20170040-1703.zip

注意事項

  • RecordSort, RecordJoin, RecordSQLコンポーネントを使用している場合は、必ず本パッチを適用してください。
  • ASTERIA Warp 4.9.0、ASTERIA Warp 4.9.1で下記エントリのパッチを適用している場合でも、追加で本パッチを適用してください。
      「Record系コンポーネント マルチスレッド動作時の不具合の修正」(2016年12月2日)
        https://support.asteria.com/hc/ja/articles/115003927947
  • ASTERIA Warp 4.9.0、ASTERIA Warp 4.9.1でInternalDataStorageを使用する場合、以下ファイルの修正を行ってください。
     対象ファイル:[INSTALL_DIR]/flow/conf/amx/0301InternalDataStorage.amx
     修正箇所:execute要素のoptions属性を変更します。
          修正前:
            (WARP4.9.0) options="-server -cp ../common/ext/hsqldb-2.3.2.jar"
            (WARP4.9.1) options="-server -cp ../common/ext/hsqldb-2.3.3.jar"
      修正後:            options="-server -cp ../common/ext/hsqldb-20170721.133252-65.jar"
    ※作業を行う場合には、フローサービスを完全に停止した状態で修正を行ってください。
    ※事前にASTERIA Warpのインストールフォルダ外へのバックアップを推奨します。

本件に関するお問い合わせ先

本件について質問、意見などはASTERIA Warp/Warp Liteのユーザーサイトからお問い合わせください。

パッチファイル

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する