ASTERIA Warp Core、Core+でSlackアダプターを利用したい

ASTERIA Warp 2106以前のバージョンでは、ユーザーサイトからasarファイルを取得し、フローサービス管理コンソール(FSMC)でアップロードする手順でアダプターをサーバーに適用してください。ASTERIA Warp 2112以降のバージョンでは、FSMCからダウンロードできます。
どちらの手順でもフローデザイナーへのアダプターの適用作業は必要ありません。

適用の手順は以下記事の「アダプターを適用する(オフライン環境)」、「アダプターを適用する(オンライン環境)」という項目を参照してください。
・パッチ、アダプターを適用するには
    https://support.asteria.com/hc/ja/articles/360000235342

ASTERIA Warp Standard, EnterpriseエディションではSlackアダプターはあらかじめインストールされています。

以下のFAQも確認してください。
・ASTERIA Warp Core, Core+ にてExcelなどのオプションライセンスが使用できない
    https://support.asteria.com/hc/ja/articles/115000227814

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

このセクションの記事

他のキーワードで検索する