Gmail連携テンプレートの使い方(RESTコンポーネント版)

 

Gmailと連携するテンプレートを紹介します。

テンプレートは2種類です。

  • メール送信
  • メール取得

 

まずはテンプレートファイルをダウンロードし、フローデザイナーにインポートします。

 mceclip0.png

mceclip0.png

<事前準備>

事前に以下を準備してください。

①クライアントID

②クライアントシークレット

③AuthorizationCode

④件名(テキストファイル)

⑤本文(テキストファイル)

⑥宛先(CSVファイル)

 

・①,②の準備方法

まず、Google Developer Consoleにログインし、以下URLよりプロジェクトを作成します。

リソースの管理 :https://console.developers.google.com/cloud-resource-manager

mceclip2.png

次に、以下APIライブラリよりGmail APIを有効にします。

API ライブラリ:https://console.developers.google.com/apis/library

 mceclip3.png

最後に、認証情報よりOAuth 2.0 クライアントの作成をします。

認証情報: https://console.developers.google.com/apis/credentials

 mceclip4.png

必要な登録をするとクライアントID及びクライアントシークレットが取得できます。

 

・③の準備方法

取得したクライアントIDを元にブラウザで以下URLにアクセスし、アカウント認証及び権限付与を行ってください。完了後の画面に表示されるコードが③AuthorizationCodeです。

https://accounts.google.com/o/oauth2/v2/auth?response_type=code&client_id=[クライアントId]&redirect_uri=urn:ietf:wg:oauth:2.0:oob&scope=https://www.googleapis.com/auth/gmail.readonly%20https://www.googleapis.com/auth/gmail.send&approval_prompt=force&access_type=offline

※URL内[クライアントID]には①のクライアントIDを入力してください。

 mceclip5.png

 

・④,⑤の準備

それぞれ件名、本文の内容をテキストファイルとして準備してください。

 

・⑥の準備

1列目に送信先メールアドレスを指定したCSVファイルを用意してください。

 

〇Gmailからメール送信 

mceclip0.png

<ステップ1>

事前準備で用意したクライアントID、クライアントシークレット、AuthorizationCodeをそれぞれ入力します。

 

<ステップ2>

件名のファイルパスとエンコーディングをそれぞれ選択します。

 

<ステップ3>

本文のファイルパスとエンコーディングをそれぞれ選択します。

 

<ステップ4>

宛先のファイルパスとエンコーディングをそれぞれ選択します。

 

これで完成です。

 mceclip7.png

最初にAccessTokenを取得する”getToken”フローを実行し、AccessToken及びRefreshTokenを取得し、ファイル保存してください。すでに保存されている場合は実行不要です。

その後、”sendMail”フローを実行することで、それらのTokenを利用してメール送信を行います。

 

〇メール取得

mceclip2.png

<ステップ1>

事前準備で用意したクライアントID、クライアントシークレット、AuthorizationCodeをそれぞれ入力します。

 

接続情報を設定したら、これで完成です。

mceclip3.png

最初にAccessTokenを取得する”getToken”フローを実行し、AccessToken及びRefreshTokenを取得し、ファイル保存してください。すでに保存されている場合は実行不要です。

その後、”receiveMail”フローを実行することで、それらのTokenを利用してメール取得を行います。

 

★注意事項

・メールは1万件まで取得可能です。1万件以上取得する場合は、”LoopStart1”コンポーネントの実行回数を調整してください。

・取得したメール情報はプロジェクトフォルダにあるCSVファイル「maillist.csv」に書き込まれます。

・本文はテキストで取得し、プロジェクトフォルダにある「Body」フォルダ配下に配置されます。

・添付ファイルはプロジェクトフォルダにある「attachment」フォルダ配下に配置されます。

 

以上、Gmailからメール送信するフローテンプレートを紹介しました。

ぜひご活用ください。

 

gmail.zip
ダウンロード
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他のキーワードで検索する