Office365カレンダー連携テンプレート

Microsoft社が提供するOffice365カレンダーと連携を行うテンプレートを紹介します。

テンプレートファイルはページ下部よりダウンロードいただけます

Googleカレンダーと連携を行うテンプレートはバージョン1812で既に追加されていますが、同じようにOffice365カレンダーと連携を行うテンプレートになります。

動作環境

 ASTERIA Warp 1812以上

テンプレート

2つのテンプレートが用意されています。

  • Office365カレンダーからCSVへ
  • CSVからOffice365カレンダーへ

事前準備〜 アダプターのインストールとコネクションの作成

事前準備としてMicrosoft Office 365アダプターのインストールとコネクションの作成を済ませておきます。

ここではアダプターのインストールとコネクションの作成については割愛します。 詳しくは「Microsoft Office 365アダプターの紹介」を参照してください。

「アダプターのインストール」

Office365Calendar09.png

「コネクションの作成」

Office365Calendar10.png

テンプレートファイルのインポート

テンプレートのアーカイブファイルをダウンロードします。アーカイブファイルは本記事下のダウンロードリンクよりダウンロードしてください。ダウンロードしたアーカイブファイルをインポートして準備は完了です。

Office365Calendar04.png

Office365Calendar12.png

 

 「Office365カレンダーからCSVへ」

Office365カレンダーからデータを取得しCSVファイルへ出力するテンプレートです。

Office365Calendar13.png

 

ウィザードは2ステップで完了です。

Office365Calendar17.png

<ステップ1>

事前準備で作成したコネクションをプルダウンリストから選択します。
読み込み先のテーブル(Eventsテーブル)、フィールドは自動でセットされるのでウィザードではコネクションを選択するだけでOKです。

<ステップ2>

出力するCSVファイルのファイルパスを設定します。
CSVファイルのフィールド情報も自動でセットされるのでウィザードで定義するのはファイルパスだけです。

できあがったフローをみてみましょう。 

Office365Calendar18.png

ウィザードで特に指定はしませんでしたが、フローを実行した日を起点に1週間後の予定までを取得範囲としています。

ウィザードで指定した内容もそれぞれ反映されていますね。

Office365Calendar21.png

フローを実行してみます。

Office365Calendar24.png

カレンダーと出力したCSVファイルはこんな感じです。

Office365Calendar26.png

実行した日時を起点にした1週間分の予定なので昨日(3/27)の予定は含まれていません。タイトルだけでなく場所や説明も取得できました!

 「CSVからOffice365カレンダーへ」

用意したCSVファイルからデータを読み込みOffice365カレンダーを更新するテンプレートです。

Office365Calendar14.png

こちらもウィザードは2ステップで完了です。 

Office365Calendar29.png

<ステップ1>

読み込むCSVファイルのファイルパスを設定します。
CSVファイルの項目数や順序は固定なので注意してください。
例)

No.

項目名

1

タイトル

ASTERIA Warpセミナー

2

説明

フローテンプレートから登録

3

場所

セミナールーム

4

開始日時

2019-03-30T09:00:00.000 JST

5

終了日時

2019-03-30T17:30:00.000 JST

[CSVイメージ]

Office365Calendar31.png

 <ステップ2>

事前準備で作成したコネクションをプルダウンリストから選択します。
読み込み先のテーブル(Eventsテーブル)、フィールドは自動でセットされるのでウィザードではコネクションを選択するだけでOKです。

自動生成されたフローです。

Office365Calendar30.png

FileGet > Mapper > Office365Put というごく簡単なフローができあがりました。
※タイムゾーンの項目に値をセットする必要があるようですが固定で「UTC」がセットされています。

ではフローを実行してみます。

Office365Calendar32.png

Office365Calendar36.png

Googleカレンダー連携のテンプレートと組み合わせることで2つのカレンダーの同期にも使えそうですね。

自動生成されたフローを元に取得する期間をかえてみたり、取得する項目を増やしてみたりすることもできます。

ぜひご活用ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

他のキーワードで検索する