FTP関連のコンポーネントを使用するとファイルの時刻がずれる

ASTERIA WarpのFTP関連のコンポーネントでは接続先FTPサーバがUTCでファイルの時刻
(以下タイムスタンプ)を返すことを想定しています。

そのため、タイムスタンプをローカルタイムで返すFTPサーバと接続した場合、ローカルタイムと
UTCとの時差分タイムスタンプがずれることになります。

可能であれば、FTPサーバ側でUTCでタイムスタンプを返すように設定することでご対応ください。

FTPサーバの設定変更が難しい場合は、FTPDownloadでダウンロードしたファイルに関しては、
出力ストリームのファイル情報の「FileDate」を後続のMapperでローカルタイムとUTCのずれの分を
補正して、ローカルにダウンロードしたファイルのタイムスタンプを変更する方法が考えられます。

※ファイルのタイムスタンプの変更はJava関連のコンポーネントでJavaを使用するか、
 EXEコンポーネントで外部コマンドを使用する必要があります。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • ファイル
  • FTP
  • 時刻
  • 時間
  • タイムスタンプ
  • ずれる
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する