Googleドライブアダプターでチームドライブの利用について

Googleドライブアダプターにてチームドライブが利用できるようになりました。

今回は、チームドライブを利用するための事前準備と利用方法についてご紹介いたします。

 

■事前準備

Googleドライブアダプターにてチームドライブを利用するためには詳細プロパティ「Team Drive Support」を「true」に設定しておく必要があります。

GoogleDrive_TeamDrive_01.png

上記以外のGoogleドライブアダプター事前準備については以下記事の内容をご参考ください。

 

■チームドライブにファイルをアップロード

GoogleDrive_TeamDrive_09.png

「CDataQATest_Drive」チームドライブの「TeamFolder」フォルダーにGoogleDrivePutコンポーネントを利用してファイルをアップロードしてみたいと思います。

  1. フローの構成
    GoogleDrive_TeamDrive_10.png
    あるフォルダーのファイルをGoogleドライブのチームフォルダーにアップロードする構成となります。

  2. ファイルをアップロードするチームドライブIDとフォルダーIDの取得
    GoogleDrive_TeamDrive_11.png
    GoogleDriveGetコンポーネントを利用して「Folders」オブジェクトから「TeamFolder」フォルダー名をWHERE条件として、Id(フォルダーID)とTeamDriveId(チームドライブID)を取得します。

    GoogleDrive_TeamDrive_12.png
    直後のマッパーにて取得したチームドライブIDとフォルダーIDをフロー変数に格納しておきます。

  3. GoogleDrivePutコンポーネントの設定とマッピング
    GoogleDrive_TeamDrive_14.png
    ファイルをアップロードするためには「Files」オブジェクトへデータを登録します。
    GoogleDrivePutコンポーネントのテーブル選択では上記のようにテーブルとフィールドを選択します。

    GoogleDrive_TeamDrive_13.png
    FilListコンポーネントから取得したファイル名、ファイルのフルパスをGoogleDrivePutコンポーネントのNameとLocalFileフィールドにマッピングします。
    また、フロー変数に格納しておいたチームドライブIDとフォルダーIDをGoogleDrivePutコンポーネントのTeamDriveIdとParentIdsフィールドにマッピングします。

  4. 実行結果
    GoogleDrive_TeamDrive_20.png
    「CDataQATest_Drive」チームドライブの「TeamFolder」フォルダーにアップロードされたzipファイルが確認できます。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • CData
  • CDataオプション紹介
  • Google ドライブ
  • チームドライブ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する