Microsoft Office 365 アダプターでの他のユーザーのスケジュールを連携

Microsoft Office 365の予定表では以下のように共有された他のユーザーのスケジュールを連携することができます。

Office365_Schedule.png

 

今回は、Microsoft Office 365アダプターを利用して共有された他のユーザーのスケジュールを連携する方法についてご案内します。

 

■事前準備

Microsoft Office 365アダプターを使うための事前準備については、まず以下の記事をご参考ください。

 

■Azure Active Directory側の設定

※上記の事前準備の設定に加えて設定してください。

Office 365で共有された他のユーザーのスケジュールを連携するためには、Azure Active Directoryに作成したアプリのMicrosoft Graph APIの以下のアクセスを有効化する必要があります。

  • Microsoft Graph API > 委任されたアクセス許可 >
    Read and write user and shared calendars もしくは、
    Read user and shared calendars

    MSGraphAPI.png

    ※アクセスの有効化については用途に合わせて適切に行ってください。

上記の設定を保存したら、「アクセス許可の付与」ボタンをクリックし、アクセス許可を更新します。

Office365_Access.png

 

■コネクションの作成/変更

OAuthの認可情報の範囲が変わりますので、既存のコネクションをそのまま利用することができません。
新たに作成するか、コネクションの設定内容を修正すると既存のOAuthトークン情報が削除されますので、影響のないコネクションの設定情報(コネクション名など)を修正し、コネクションテストを行ってください。

 

■他のユーザーのスケジュールを連携

他のユーザのスケジュールを連携するためには、Eventsテーブルを検索する時にWHERE句にUserIdを指定する必要があります。

  • WHERE句を指定していない場合
    SQLBuilder01.png
    selecttest01.png

    WHERE句を指定しないと基本的に「me」プロパティが使用され、コネクションの作成後、テスト時に認証したユーザーのスケジュール情報が取得されます。

  • WHERE句を指定した場合
    SQLBuilder02.png
    selecttest02.png

    WHERE句を指定すると該当ユーザーのスケジュール情報が取得されます。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • スケジュール
  • CData
  • CDataオプション紹介
  • Office 365
  • 予定業
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する