Red Hat OpenJDK 1.8.0_232動作検証 [Warp1906]

以下Java VM(Red Hat OpenJDK)の検証が完了しました。

検証完了日

  • 2019年11月6日

Javaバージョン

  • Java 1.8.0_232

Warpバージョン

  • ASTERIA Warp 1906 (サーバー/フローデザイナー)

※ASTERIA Warp 1610以降では実行環境としてJava Runtime Environment(JRE)を使用します。

※ASTERIA Warp サーバーの実行には64bit版が必要です。ASTERIA Warp フローデザイナーの実行には64bitまたは32bit版が必要です。

*注意事項*
インストーラーの問題により、Microsoft Windows Server 2019では
ASTERIA Warp 1906はインストールできません。
Java 1.8.0_212以下を使用してインストーラーを起動してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

他のキーワードで検索する