Salesforce連携テンプレートの使い方(取引先)

株式会社セールスフォース・ドットコムが提供する「Salesforce」と連携を行うテンプレートの使い方を紹介します。

 

<テンプレートファイルはページ下部よりダウンロードいただけます>

mceclip0.png

テンプレートは2種類がございます。

・Salesforce[取引先]をCSVへ出力

・CSVをSalesforce[取引先]へ登録

 

■ テンプレートのインポート

まずは、テンプレートのアーカイブファイル「salesforce_account.zip」をダウンロードします。

アーカイブファイルは本記事下のダウンロードリンクよりダウンロードしてください。

ダウンロードしたアーカイブファイルをインポートして準備は完了です。

mceclip1.png

mceclip2.png

mceclip0.png

 

■ Salesforce[取引先]をCSVへ出力

mceclip5.png

フローサービス管理コンソール(FSMC)で設定したSalesforceコネクションを設定します。
また、書き込み先のCSVファイルパスを指定します。
出力されるCSVファイルのフィールド構成は以下の通りです。

 

[注意事項]
・出力ファイルはタイトル行無しで出力します。
・出力項目は、WebページのSalesforce取引先(デフォルト設定)を元に設定しております。
・出力するデータは、コネクション作成時のセキュリティトークンの利用ユーザに依存します。
・出力ファイル名を指定する際には、拡張子を入力いただきますようお願い致します。
拡張子を入れずに設定することも可能ですが、フォルダに.(ドット)が含まれると想定外の動作を致します。

<出力項目(CSVファイル) >

項目名   補足説明
1_取引先 所有者  この取引先を現在所有するユーザのID。デフォルト値は、create を実行するためにAPIにログインするユーザです。
2_取引先名 必須。表示ラベルは[取引先名]です。取引先の名前。最大255文字です。
3_親取引先 親オブジェクトのID(ある場合)。
4_取引先番号 この取引先に割り当てられた取引先番号(作成時に割り当てられた、一意ではないシステム生成ID)。最大40文字です。
5_取引先部門 本社またはロンドンなど、取引先の場所の名前。表示ラベルは[取引先 部門]です。最大80文字です。
6_種別 顧客、競合会社、またはパートナーなど、取引先の種類。
7_業種 この取引先に関連する業種。最大40文字です。
8_年間売上 取引先の年間収益の見積。
9_評価 Hot(見込み有り)、Warm(将来見込み有り)、Cold(見込み無し)などの取引先に対する評価。
10_電話 この取引先の電話番号。最大40文字です。
11_Fax 取引先のFAX 番号。
12_Webサイト この取引先のWeb サイト。最大255文字です。
13_株式コード この取引先の株式市場の記号。最大20文字です。
14_会社形態 正式名称とは別に、組織が事業活動に使用する名前。屋号に似ています。最大 255 文字です。この項目は、個人取引先ではなく法人取引先で使用できます。
15_従業員数 表示ラベルは[従業員数]です。この取引先が表す会社で働く従業員の数。最大8桁です。
16_産業コード 電機の場合は57340 など、会社の主要事業分類の標準産業分類コード。最大20文字です。
17_国(請求先) [BillingCountry]ラベルはこのフィールドと対応。
18_郵便番号(請求先) [BillingPostalCode]ラベルはこのフィールドと対応。
19_都道府県(請求先) [BillingState]ラベルはこのフィールドと対応。
20市区郡(請求先) [BillingCity]ラベルはこのフィールドと対応。
21_町名・番地(請求先) この取引先の請求先住所の所在地、番地。
22_国(納入先) この取引先の納入先住所の詳細。国の最大文字数は80文字です。
23_郵便番号(納入先) この取引先の納入先住所の詳細。郵便番号の最大文字数は20文字です。
24_都道府県(納入先) この取引先の納入先住所の詳細。都道府県の最大文字数は80文字です。
25_市区郡(納入先) この取引先の納入先住所の詳細。市区郡の最大文字数は40文字です。
26_町名・番地(納入先) この取引先の納入先住所の所在地、番地。最大255文字です。
27_Customer Priority [CustomerPriority__c]ラベルはこのフィールドと対応。
28_SLA [SLA__c]ラベルはこのフィールドと対応。
29_SLA Expiration Date [SLAExpirationDate__c]ラベルはこのフィールドと対応。
30_SLA Sarial Numver [SLASerialNumber__c]ラベルはこのフィールドと対応。
31_Numver of Locations [NumberofLocations__c]ラベルはこのフィールドと対応。
32_Upsell Opportunity [UpsellOpportunity__c]ラベルはこのフィールドと対応。
33_Active [Active__c]ラベルはこのフィールドと対応。
34_説明

取引先のテキストによる説明。最大32,000KB です。

 

これで完成です。

mceclip6.png

フローを実行すると、CSVファイルが出力されることが確認できます。

mceclip7.png

 

■ CSVをSalesforce[取引先]へ
※この処理は、取引先名 と 取引先番号 をキーとして登録・更新を想定しております。
SalesForceの取引先名 及び、 取引先番号 が一致する場合は、更新処理を実施致します。
取引先名 、 取引先番号 の片方のみが一致する場合 又は、 両方一致しない場合は、登録処理を実施致します。

mceclip8.png

フローサービス管理コンソール(FSMC)で設定したSalesforceコネクションを設定します。
また、登録するデータファイルを指定します。

mceclip9.png

CSVファイルのフィールド構成は「Salesforce[取引先]をCSVへ出力」テンプレートの出力項目と同様です。

[注意事項]
・入力項目は、WebページのSalesforce取引先(デフォルト設定)を元に設定しております。

これで完成です。

mceclip12.png

実行するとデータが登録されていることが確認できます。

mceclip13.png

みなさんもぜひ活用してみてください。

ファイルサンプル.zip
ダウンロード
【CSVをSalesforce(取引先)へ】_入力ファイル設定.pdf
ダウンロード
【Salesforce[取引先]をCSVへ】_出力ファイル設定.pdf
ダウンロード
salesforce_account.zip
ダウンロード
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

他のキーワードで検索する