「フローの実行キャンセルがタイムアウトまでに完了しませんでした」というメッセージが表示されます

フローのキャンセル処理は一般的に実行中のコンポーネントの処理が終了したタイミングで行われます。
このメッセージは実行中のコンポーネントの処理時間が長く、内部的に指定されている時間内にキャンセルできなかった場合にタイムアウトを示すために表示しているだけで、キャンセル処理は無効ではありません。
該当のコンポーネントが終了した時点で、次の処理は行わずにフローの実行がキャンセルされてフローがアボートします。

例)以下のフローをキャンセルした場合

[Start]→[FileGet]→[FilePut]→[End]

上記フローで、FileGetコンポーネントの処理が長時間かかるとします。
FileGetコンポーネントの処理を開始したタイミングでフローの実行をキャンセルした場合、実際にフローがキャンセルされるのはFileGetコンポーネントの処理が終了したタイミングとなりますが、内部的に指定されている時間内にキャンセルできないため、キャンセル処理が行われる前にメッセージが表示されます

以下のコンポーネントについては即時終了に対応していますので、合わせてご参考ください。
■ASTERIA Warp 4.4以降
・RDBGet/RDBPut/RDBMerge/SQLCall
・HTTPGet/HTTPPost/REST
・FTPGet/FTPPut/FTPScript
・Sleep
・Mutex
・EXE

■ASTERIA Warp 4.5以降
・FastInsert

■ASTERIA Warp 4.8以降
・ParallelSubFlow

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

他のキーワードで検索する