CDataオプションにおける注意事項

現状でCDataアダプターをご利用する際には下記のような注意事項があります。

 ■注意事項

アダプター 範囲 注意事項
共通   OAuth認証
  • 「Initiate OAuth」に「GETANDREFRESH」を指定することでOAuthトークンを自動で取得・更新することができます。
    この時、最初にOAuthトークンを取得する際にブラウザが起動されますので、ASTERIA WarpをWindowsサービスではなくスタートメニューから起動してください。
    OAuthトークンの取得後はWindowsサービスで利用できます。
  • WindowsサービスでASTERIA Warpを利用する場合は、「OAuth Settings Location」を指定し、Windowsサービスがアクセスできるパスを指定する必要があります。
  • その他、OAuth認証の設定についてはCData社のヘルプに詳しく書いてありますのでそちらを参考にしてください。
    https://cdata.com/jp/kb/help
 トランザクション
  • トランザクションには対応していません。
 API Rate Limit
  • アダプターによっては一定時間あたりに使用できる回数に制限があります。
    CDataのログで使用状況を確認することができます。
Google
アナリティクス
GoogleAnalyticsGet
  • レコード取得時にソートができないテーブルがあります。
    例)Profiles、Segments、WebPropertiesなど。
  • 検索条件を指定しても効かないテーブルがあります。
    例)Accounts、Profiles、Segmentsなど
Google
BigQuery
GoogleBigQueryGet
  • レコード取得時にソートができないテーブルがあります。
    例)Datasetsなど
  • 検索条件を指定しても効かないテーブルがあります。
    例)Datasets、Projectsなど
  • 階層構造を持っているテーブルの場合、SQLビルダーでSQL文を自動生成して実行するとエラーが発生します。
    階層構造を持っているテーブルの場合は直接SQL文を作成してください。

Google
スプレッドシート

GoogleSheetsGet
  • レコード取得時にソートができないテーブルがあります。
    例)Spreadsheetsなど
  • 追加したシートがSQLビルダー画面で表示されない場合があります。
    FlowServiceプロセスの再起動やコネクションを再作成すると表示されます。
Salesforce SalesforceGet
  • 指定した条件に一致するレコードが無い場合はエラーが発生する場合があります。
    例)AuthSession、BusinessHoursなど
  • 検索時にソートを指定してもソートができないデータ型があります。
    例)テキスト(暗号化)、ロングテキストエリア、リッチテキストエリア、選択リストなど
  • 検索時にWhere条件に指定できないデータ型があります。
    例)テキスト(暗号化)、ロングテキストエリア、リッチテキストエリアなど
Microsoft
SharePoint
SharePointGet
  • 「日付と時間」型のフィールドに対してWhere条件検索ができません。
  • 複数行テキスト型のフィールドの場合はソートができません。
SharePointPut
  • バッチ処理件数が2以上の場合、フローの実行でエラーが発生する場合があります。 
    バッチ処理件数は1に指定してください。
SharePointSQLCall
  • CopyDocumentの実行では返却値を取得することができません。
Microsoft
DynamicsNAV
共通
  • 下記のデータ型についてはサポートしていません。
    「Blob」型、「Media」型、「MediaSet」型
DynamicsNAVGet
  • 「RecordID」型のフィールドに対してWhere条件検索を行う際にソートすると検索できません。
Oracle
NetSuite

 

共通
  • 「インラインHTML」型については対応していません。
  • 「日時/時刻」型のフィールドに対して登録時と取得時の日時にずれが発生します。

NetSuiteGet

  • 「時刻」型のフィールドに対してWhere条件検索ができません。
  • 「パスワード」型のフィールドに対してWhere条件検索、およびソートすることができません。
NetSuitePut
  • 一部のエラーメッセージが英語で出力されます。
Microsoft
Office 365
Office365Get
  • 一部のフィールドに対してWhere条件検索ができません。
  • 一部のフィールドに対してソードができません。
  • Office365の画面で設定した一部の項目のデータを取得することができません。
Office365Put
  • 一部のフィールドに対してデータの登録・更新処理ができません。
Office365SQLCall
  • UploadFileプロシージャのファイル名パラメーターを日本語で設定することができません。
  • UploadFileプロシージャでExcelファイルなどバイナリ系のファイルをアップロードすることができません。
Google
カレンダー
GoogleCalendarGet
  • ソートができません。
  • GoogleCalendarの画面で設定した一部の項目のデータを取得することができません。
GoogleCalendarPut
  • 一部のフィールドに対してデータの登録・更新処理ができません。
Google
コンタクト
GoogleContactsGet
  • ソートができません。
  • GoogleContacts画面で設定した一部の項目のデータを取得することができません。
GoogleContactsPut
  • 一部のフィールドに対してデータの登録・更新処理ができません。
Google
ドライブ
MFクラウド経費

 

  • 上記は現在、弊社の方で確認した内容について記載しています。
    今後、不具合対応やバージョンアップなどで改善される場合は確認出来次第、反映します。
  • 他にCData固有の制限事項について詳しくはCData社のJDBCドライバーのヘルプをご参考ください。
    http://www.cdata.com/jp/kb/help/

 

以上

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • 制限事項
  • 注意事項
  • CData
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する