ASTERIA WARP 1610にてFSMCの初期化を行う際の注意点

新たにリリースされたASTERIA WARP 1610ではFSMCから設定の初期化を行う機能が追加されました。
このFSMCから設定の初期化を行う際の注意点を以下に示します。

■初期化機能について

初期化機能は「FSMC > システム > 初期化」画面で実行することができます。
初期化機能では下記の設定情報が初期化及び再設定されます。

 1. データフォルダーの初期化
 2. 使用ポート番号の再設定
 3. asuユーザーのパスワードの再設定

テストなどにより設定値を変更し運用した後、上記項目についてシステムをインストールした後の初期状態に戻すことができる機能となります。

■初期化時の注意点

今回新たに実装したこの初期化処理を行う際フローサービス全体の再起動が必要となりますが、現状ではasuユーザーパスワードの再設定処理に不具合があり、事前に下記の操作を行う必要があります。

初期化後フローサービスを再起動する前に「FSMC > 設定 > パスワード」画面にて
 ・現在のパスワード:[現在のasuユーザーのパスワード]
 ・新しいパスワード:[現在のasuユーザーのパスワード]
 ・新しいパスワード(確認用):[現在のasuユーザーのパスワード]
のように設定し、更新してからフローサービスを再起動してください。

※上記の操作を行わずに再起動してしまうとFlowServiceプロセスが正常に起動されません。
 その場合はFSMCにて上記のようにパスワードを変更し、もう一度フローサービスを再起動してください。
※この不具合については次のバージョンで修正します。

 

■参考情報

初期化される設定項目について詳細は下記をご参考ください。

 1.データフォルダーの初期化
  FSMCの設定項目としては下記の通りとなります。
  ・コネクション配下のすべて:初期化対象外
  ・トリガー配下のすべて:初期化対象外
  ・プロキシ配下のすべて:初期化対象外
  ・SSL配下のすべて:初期化対象外
  ・ログ > システム:初期化対象
  ・ログ > アプリケーション:初期化対象外
  ・ログ > 削除:初期化対象外
  ・通知:初期化対象
  ・サービス > フロー > サーバー:初期化対象外
  ・サービス > フロー > 起動:初期化対象
  ・サービス > フロー > 通信:初期化対象
  ・サービス > フロー > チェックポイント:初期化対象
  ・サービス > フロー > フローエンジン:初期化対象
  ・サービス > フロー > HTTPリスナー:初期化対象
  ・サービス > フロー > HTTPSリスナー:初期化対象
  ・サービス > フロー > フローデザイナーリスナー:初期化対象
  ・サービス > FTP:初期化対象
  ・サービス > MC:初期化対象

 2.ポート番号の再設定
  インストール時に初期設定画面で設定したポート番号を再設定します。

 3.asuユーザーパスワードの再設定
  初期設定画面で設定したパスワードにするのではなく、現在のパスワードを再設定します。

                                           以上

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • 注意点
  • FSMC
  • 初期化
  • WARP1610
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する