ASTERIA WARP 4.8.0以降のFTPサービスの動作変更について

1.変更内容

次の条件全てを満たす時、以下の動作となります。
<条件>

  • ASTERIA WARP 4.8.0以降の環境においてFTPサービスを利用、かつ
  • 同時に複数のFTPクライアントからアクティブモードを使用してファイル転送を行った場合

<動作>
ASTERIA WARPのFTPサービス側にて既にアクティブモードで接続しているクライアントが存在する場合に、同様のリクエストに対しては、タイミングによってレスポンスコード550(ファイルシステム関連のエラーを示す)が返され、そのリクエストは失敗する場合があります。

<補足>
ASTERIA WARPのFTPサービス側にて上記の動作がなされた場合には、ログファイル(FTPServic.log)に以下のメッセージが出力されます。
 ログ出力レベル:INFO
 メッセージ内容:"java.net.BindException: Address already in use: JVM_Bind"

2.原因/変更理由

Windowsプラットフォームで発生する脆弱性の問題を改善する為に、Javaのバージョン Oracle Java 7u25 から、同じポートに対し複数プロセスのバインドを防ぐ対策がなされました。その結果、それらを利用しているASTERIA WARP 4.8.0以降では、FTPサーバでのアクティブモードによるコネクション生成時に使用するローカルポート(20)の同時利用ができなくなっています。

3.対応方法

現在考えられる対応方法としては、以下の3つとなります。

  • FTPクライアントでパッシブモードを使用する。
  • レスポンスコード550を受け取れるFTPクライアントを使用して、エラー発生時は再度処理を行う。
  • FTPサービス起動時のオプションに「-Dsun.net.useExclusiveBind=false」を付加し、以前のFTPサービスの仕様として動作させる。

    ただし、このオプション付加についてはバインド時に使うポートの同時利用においてOracle Java7u25より前の仕様として動作することになり、Windowsプラットフォームで発生する脆弱性の問題を認識した上での利用となります。この詳しい設定方法等についてはASTERIA WARP/WARP Liteのユーザーサイトからお問い合わせください。

4.その他

上記のように、ASTERIA WARP 4.7.1以前と4.8.0以降では動作に差異が生じる場合がございます。これらバージョンをまたぐバージョンアップ時にはご注意ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • FTP
  • FTPサービス
  • 4.9
  • 4.8
  • 製品ガイド
  • 4.8.1
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する