WARP4.9.1新機能紹介 ~ RecordAggregateコンポーネントの機能改善

RecordAggregateコンポーネントで要望の多かった機能を追加・改善しました。


・「NULLを無視」プロパティと「空文字を無視」プロパティを、全ての集計方法に反映するように変更

・「値の変換に失敗した場合の処理」プロパティを追加して、値の変換に失敗した場合の処理を選択する機能を追加

この2点の変更により、どのように動作が変わるのかをご紹介します。

recordaggrigate_new_property.PNG
まず1点目の「「NULLを無視」プロパティと「空文字を無視」プロパティを、全ての集計方法に反映する」です。

「NULLを無視」プロパティと「空文字を無視」プロパティはWARP4.9までは、集計方法が「個数」と「平均値」の場合にのみ有効なプロパティでしたが、WARP4.9.1からは「合計」「最大値」「最小値」の場合でも使用されるようになりました。


出力フィールドDecimalで「最小値」の動作例

「空文字を無視」プロパティで「はい」を指定した場合に集計フィールドの値に空文字が含まれていると、WARP4.9では結果が0となっていましたが、WARP4.9.1では集計フィールドの1つ目の値である空文字列を無視して、"1" と "3" の最小値である "1" を返します。

集計フィールドの値: "", "1", "3"

WARP4.9の結果0
WARP4.9.1の結果1



出力フィールドDecimalで「合計」の動作例

「NULLを無視」プロパティで「はい」を指定した場合に集計フィールドの値にNULLが含まれていると、WARP4.9ではnullをDecimalに変換しようとしてエラーが発生し "0" となり、結果が "6" となっていましたが、WARP4.9.1では集計フィールドの1つ目の値であるNULLを無視して、"1" と "5" の合計である "6" を返します。

集計フィールドの値: null, "1", "5"

WARP4.9の結果6
WARP4.9.1の結果6

結果は同じようですが、ここで2点目の「「値の変換に失敗した場合の処理」プロパティを追加」が関連してきます。
「値の変換に失敗した場合の処理」プロパティのデフォルト値は「0にする」です。この場合、値を "0" として扱いますが、「無視する」を選択した場合、「最大値」や「最小値」の計算で異なる結果を出力します。


集計フィールドの値: null, "1", "5"

「無視する」場合の「最小値」の結果1
「0にする」場合の「最小値」の結果0


「エラーにする」を選べばエラーを発生させることもできますので、予期せぬ値を使用しないようにすることも可能です。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • RecordAggregate
  • WARP4.9.1新機能紹介
  • WARP4.9.1
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する