WARP4.9新機能紹介 ~ Notesビルダー

NotesGetAdv、NotesPutAdvコンポーネントに付属するNotesビルダーが新しくなりました。
WARP4.9からWARP4.9新機能紹介 ~ Notesコンポーネント使用手順の改善でフローデザイナーでの設定が必要なくなりましたが、デザイナーからNotesデータベースへ接続してフィールド情報を取得することができます。

notes_builder_form3.png

 

フィールドを取得する方法は以下の3種類になりました。

  1. 検索条件を指定して該当レコードからフィールドを取得
    旧Notesビルダーの取得方法です。検索文字列を指定して取得対象のレコードを指定することもできます。

  2. フォームを指定してフィールドを取得
    データベースに定義されたフォームのデザイン情報からフィールドを取得します。

  3. ビューを指定してフィールドを取得
    データベースに定義されたビューの列情報からフィールドを取得します。
    取得できる列は、列の値が「フィールド」であるものに限られます。

より詳しいNotesビルダーの使用方法はコンポーネントヘルプをご覧ください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • Notes
  • WARP4.9新機能紹介
  • WARP4.9
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する