WARP4.9新機能紹介 ~ S3の暗号化

WARP4.9においてS3にアップロードしたオブジェクトをS3側で暗号化するプロパティがS3Putaws_s3_put.pngとS3Uploadaws_s3_upload.pngコンポーネントに追加されました。


設定は簡単でプロパティの「暗号化」を"はい"に設定するだけです。

S3PutFlow.png   S3PutProperty.png

上記のフローを実行した結果をAWSのコンソールから確認すると「Server Side Encryption」の値が"AES-256"になっていて暗号化されていることが確認できます。

S3PutResult.png

暗号化されたオブジェクトはコンポーネントやAWSのコンソールから取得する時には自動的に復号化されますので安心してお使いください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • コンポーネント
  • WARP4.9新機能紹介
  • WARP4.9
  • S3
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する