WARP4.9新機能紹介 ~ Notesコンポーネント使用手順の改善

WARP4.9からNotesGetAdvコンポーネントwarp49_notes_get_adv.png、NotesPutAdvコンポーネントwarp49_notes_put_adv.pngを使用するときの「動作に必要な設定」から、

  • フローデザイナーのマシンにNotesクライアントを設定する
  • フローデザイナーにNotesAPIライブラリをコピーする
が必要なくなりました。

フローデザイナーでNotesビルダーを使って、Notesデータベースやスキーマ定義を取得するときは、フローサービスを経由して情報を取得するように改善されました。

各デザイナー環境にNotesクライアントを設定する必要が無くなりましたので、開発環境の構築が非常に簡単になりました。
Notesへ接続するフローの開発にお役に立てれば幸いです。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • Notes
  • WARP4.9新機能紹介
  • WARP4.9
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する