WARP4.9新機能紹介 ~ ExifGetコンポーネント

Exif情報を取得するExifGetコンポーネントExifGet.pngが追加されました。

Exifとは、その写真が撮影された時の情報を記録するフォーマットで、カメラの機種名、撮影日時、撮影場所(GPS付きのカメラやスマートフォンの場合)など、様々な情報が含まれています。

簡単なフローを作成して、iPhoneで撮影した写真のExif情報を取得してみます。
exifget_flow.png

実行すると次のような情報が取得できました。
FilePath C:\asteriahome\flow\home\admin\IMG_1736.JPG
Image Description  
Make Apple
Model iPhone 4S
Orientation Right side, top (Rotate 90 CW)
X Resolution 72 dots per inch
Y Resolution 72 dots per inch
Resolution Unit Inch
Date/Time 2015/03/18 13:17:53
Exposure Time 0.05 sec
F-Number F2.4
Exif Version 2.21
Date/Time Original 2015/03/18 13:17:53
Date/Time Digitized 2015/03/18 13:17:53
Exif Image Width 3264 pixels
Exif Image Height 2448 pixels
GPS Latitude Ref N
GPS Latitude 35.0° 36.0' 19.400000000001114"
GPS Longitude Ref E
GPS Longitude 139.0° 43.0' 58.639999999975316"
GPS Altitude Ref Sea level
GPS Altitude 28 metres
GPS Time-Stamp 4:17:39 UTC

カメラの情報や撮影場所などが取得できていますね。
今回出力されている定義情報はデフォルトで用意されているものですが、他に出力したい情報があれば定義を追加することができます。また、必要がない定義を削除することもできます。
Exif情報としてどのような内容が取得できるか分からない場合には、フローをデバッグモードで実行すると、その画像から取得可能なすべてのExif情報がログに出力されます。定義を追加する時に利用してみてください。

このコンポーネントを使えば、写真を撮影日時や撮影場所で整理したり、撮影場所による分布図を作ったりすることができるようになります。ImageConverterコンポーネントと組み合わせるとサムネイル画像を作ることもできますね。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • コンポーネント
  • WARP4.9新機能紹介
  • WARP4.9
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する