WARP4.9新機能紹介 ~ ADUserMove、ADGroupMoveコンポーネント

ActiveDirecotry上のオブジェクトを移動するための2つのコンポーネントが追加されました。
ユーザーを移動するためのADUserMoveコンポーネントactivedirectory_usermove.pngとグループを移動するためのADGroupMoveコンポーネントactivedirectory_groupmove.pngです。

「移動先」プロパティへ移動する先のDNを指定して使用しますが、ここで指定するDNはAggregateBaseDNからの相対的なDNになります。
※ADAuthコンポーネントで指定した検索の起点と、「検索の起点」プロパティへ設定した文字列を足したものがAggregateBaseDNです。

例:あるユーザーを「OU=sales,DC=software,DC=com」へ移動したい場合
ADAuthコンポーネントで「検索の起点」に「DC=software,DC=com」と設定し、ADUserMoveコンポーネントで「検索の起点」を空文字列に設定した場合、AggregateBaseDNは「DC=software,DC=com」になります。よって「移動先」プロパティへは「OU=sales」を指定することになります。
※移動対象のユーザーは「検索属性」より検索されますが、検索もAggregateBaseDNから行われます。
移動元と移動先の位置関係にもよりますが、今回の例ですと「検索スコープ」プロパティは「すべての階層」を指定する必要があります。

ユーザーを一括移動できますので、これからの人事異動の時期に是非ご活用ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • ActiveDirectory
  • WARP4.9新機能紹介
  • WARP4.9
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する