WARP4.8新機能紹介 ~ レコードの集計

過去のバージョンでレコードを集計するには、マッパー変数を使って集計するか、1レコードずつループしながらフロー変数に集計値を保存する必要がありました。細かい条件がある場合や、値を加工しなければならない場合はこのようにするしかないのですが、単純に合計値とか平均値を計算したい場合には少し面倒ですね。

そこで、WARP4.8ではレコードの値を集計するためのRecordAggregateコンポーネントが追加されました。使い方は簡単です。まず、次のようなCSVファイルを読み込むとします。

日付 金額
4/20 500
4/21 560
4/22 440
4/23 600


このCSVの金額の部分の合計平均を求めてみましょう。 作成するフローでは、CSVファイルを読み込んだ次に集計コンポーネントを置きます。そして、集計コンポーネントの集計項目カテゴリプロパティで、集計するフィールドと集計する方法を選択します。

aggregate_prop.png

たったこれだけです。完成したフローは次のようになります。

aggregate_flow.png

これを実行すると、

aggregate_result.png

簡単に合計と平均を求めることができました。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • コンポーネント
  • RecordAggregate
  • WARP4.8
  • WARP4.8新機能紹介
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する