WARP4.8新機能紹介 ~ ActiveDirectoryコンポーネント②

今回は、ActiveDirectory(以下ADと略します)コンポーネントのUIを紹介します。
簡単なフローを作って、それぞれのコンポーネントのUIを見てみましょう。

作成するフローはユーザーを検索するフローです。ADAuthコンポーネントで認証してからADUserSearchでユーザーを検索します。フローは次のようになります。

ad_flow.png


最初のADAuthコンポーネントをダブルクリックすると専用のUIが表示されます。ここでADコンポーネントで使用するJNDIコネクションを作成・編集することができます。

ad_auth.png

以前のバージョンではJNDIコネクションを作成するためにFSMCを開いていましたが、これでFSMCを開く手間も省けます。


次に、ADUserSearchコンポーネントをダブルクリックします。ADAuthと同じように専用のUIが表示されます。まず、検索条件を指定します。

ad_search1.png


次に取得する属性を選択します。

ad_search2.png


これでコンポーネントの設定は完了です。後はフローを動かすだけ。とても簡単にADを操作することができますね。

他のADコンポーネントも同じようなUIがありますので、どのコンポーネントも簡単に設定することができます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • コンポーネント
  • ActiveDirectory
  • WARP4.8
  • WARP4.8新機能紹介
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する