バージョン4.9でMicrosoft Accessに接続するとエラーになります

ASTERIA WARP4.9で使用しているJDK 8では、これまで付属していたJDBC-ODBCブリッジがJDKに付属しなくなりました。今後ASTERIA WARPでJDBC-ODBC接続への対応予定はありません。

バージョン4.9でMicrosoft Accessへ接続するには、商用のJDBCドライバーを使用し、データベースタイプ「Other」でRDBコネクションを作成してください。
コネクションのドライバーやURL等の設定については、利用するJDBCドライバーの資料を確認してください。

また、弊社で公開している検証資料「ASTERIA WARP 4.9でのサードパーティ製 JDBCドライバの動作検証」を参考にしてください。

※ASTERIA WARPで推奨する商用のJDBCドライバーはありません。
※データベースタイプ「MSAccess(ODBC)」は4.8.1以前のバージョンで使用していた定義が残っているために表示されます。次期バージョン以降では「MSAccess(ODBC)」の削除を検討します。

参考:
http://www.oracle.com/technetwork/jp/java/javase/overview/8-compatibility-guide-2156366-ja.html
(抜粋)
 概要
  JDBC-ODBCブリッジが削除されました。
 説明
  JDK 8以降、JDBC-ODBCブリッジがJDKに付属しなくなりました。
  JDBC-ODBCブリッジはこれまで常にサポート対象外の暫定的な製品と
  見なされてきており、一部のJDKバンドルでのみ提供され、
  JREには含まれていませんでした。JDBC-ODBCブリッジの代わりに、
  データベース・ベンダーが提供するJDBCドライバか、
  商用JDBCドライバを使用してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • コネクション
  • Access
  • コンポーネント
  • JDBCドライバー
  • MSAccess
  • ODBC
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する