「java.lang.OutOfMemoryError: PermGen space」というメッセージが出力されます

このエラーはASTERIA WARP 4.8.1以前でJavaVMのPermanent領域が足りなくなったときに発生します。多数のコンポーネントや多数のJDBCドライバーなどを使用した時などに起きることがあります。

このような場合、フローサービス管理コンソールでフローサービスの起動パラメータにオプションを追加することで回避することができます。Javaの初期設定では64MBです。起動パラメータで設定値を大きく変更するとメモリを多く消費するため、設定値は十分な検証のうえ設定してください。
※以下の設定値は参考です。

手順は次のとおりです。

  1. 管理コンソールで「設定」-「サービス」-「フロー」画面にある、起動の「編集」をクリックして表示します。(バージョン4.7.1以前では「起動」をクリック)
  2. 「その他のオプション」項目の最後に「-XX:MaxPermSize=128m」を追加して「更新」ボタンをクリックします。
  3. FlowServiceを再起動します。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • 管理コンソール
  • エラーメッセージ
  • Permanent
  • OutOfMemoryError
  • PermGen
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する