ASTERIAでの証明書の鍵長を2,048bitにするにはどのようにすればよいですか?

フローサービス管理コンソールでの自己署名証明書の作成時に指定します。

バージョン4.8.0以降の場合

サーバー証明書

フローサービス管理コンソールの「設定」-「SSL」-「サーバー証明書」画面で「作成」ボタンをクリックし、証明書の作成画面の「鍵のサイズ」で「2048ビット」を選択して「作成」をクリックします。

クライアント証明書

フローサービス管理コンソールの「設定」-「SSL」-「クライアント証明書」画面で「作成」ボタンをクリックし、証明書の作成画面の「鍵のサイズ」で「2048ビット」を選択して「作成」をクリックします。

バージョン4.7.1以前の場合

サーバー証明書

フローサービス管理コンソールの「設定」-「SSL」-「サーバ証明書」画面で「証明書の作成」ボタンをクリックし、証明書の作成画面の下部にある「詳細設定」をチェックし、表示された「鍵のサイズ」で「2048ビット」を選択して「作成」をクリックします。

クライアント証明書

フローサービス管理コンソールの「設定」-「SSL」-「クライアント証明書」画面で「証明書の作成」ボタンをクリックし、証明書の作成画面の下部にある「詳細設定」をチェックし、表示された「鍵のサイズ」で「2048ビット」を選択して「作成」をクリックします。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • 証明書
  • 管理コンソール
  • SSL
  • セキュリティ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する