データベースの更新を監視するアクションはどうやって更新を検出するのですか?

「データベースの更新を監視」アクションは、「キーとなるフィールド名」プロパティで指定したフィールドに設定されている時刻が、センサーが前回実行された時刻から現在時刻までとなるレコードを検索し、それをこの間に更新されたレコードとして検出します。

このときの検索範囲となる時刻は、データベースサーバーが返すシステム時刻となっています。このため、データベースのシステム時刻と異なるタイムゾーンなどの時刻が格納されている場合は正しく検出できませんので注意してください。例えば、データベースサーバーがJSTに設定されている場合に、時刻の値がUTCの場合、更新がただしく検出されません。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • パイプラインサービス
  • RDB
  • アクション
  • 更新
  • 監視
  • タイムゾーン
  • データベース
  • 時刻
  • UTC
  • ローカルタイム
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する