WebServiceコンポーネントでインポートするWSDLファイルが外部のXMLスキーマファイルを参照している場合どうしたらよいですか?

WSDLファイルが外部のXMLスキーマファイルを参照する場合、URLがHTTPで参照可能である必要があります。
バージョン4.5以前では、URLが相対パスになっている場合は参照できません。このような場合はXMLスキーマファイルをHTTPで参照できる場所に置き、そのURLをxsd:import(またはxsd:include)のschemaLocationに指定してください。バージョン4.6以降では、相対パスでの参照が可能です。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • コンポーネント
  • WSDL
  • WebService
  • XMLスキーマ
  • XSD
  • 外部参照
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する