アプリケーションログで${flow[a]}という記述は使えますか?

アプリケーションログに変数を出力したい場合の記述方法はASTERIA Warpで変更されました。ASTERIA3ではアプリケーションログ独自の記法でしたが、ASTERIA Warpではプロパティ式を使います。

${flow[a]}のような記述はASTERIA3の独自記法です。互換性のためそのまま動作はしますが、${flow.a}のようにプロパティ式の記法を使うようにしてください。なお、混在させることはできません。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

他のキーワードで検索する