Excelの文字色を取得して処理を分岐することはできますか?

Excelコンポーネントでは文字色を取得することができるので、これを処理に利用することが可能です。例えば、赤字の値は負の値として扱うなどの処理を行うことができます。

文字色を取得するには、Excelビルダーを開いて「単一セル」または「レコード」で範囲を指定した後、Excelビルダー画面右側の「文字色」をチェックしてください。この状態で登録を行うと、後続のマッパーコンポーネントのマッピングウィンドウ内で「xxx_FontColor」という入力項目が表示されるようになり、ここから文字色を取得することができます。

他にも背景色や太字などの書式情報も取得できますので、さまざまな応用が可能です。書式情報の取得についてはExcelInputコンポーネントの「Excelビルダーの使い方」の「書式情報の設定」を参照してください。

詳細は使用する各Excelコンポーネントのヘルプを参照してください。Excelコンポーネントによって色の値の表記方法が異なったり、対応、未対応などがありますのでそれらの点に注意してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • コンポーネント
  • Excel
  • ExcelPOIInput
  • ExcelSlimInput
  • 文字色
  • 背景色
  • ExcelInput
  • 書式
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する