ASTERIAにバンドルされているJavaVMのバージョンを知りたいのですが?

ASTERIA WARP 4.9.1以前で製品にバンドルされているJava VMのバージョンはReadMe.txtに書かれています。お使いのバージョンのReadMe.txtファイルを参照ください。

また、フローサービス管理コンソールやパイプラインコーディネーターの次の画面でも確認することができます。

  • フローサービス

フローサービス管理コンソールの「状態」-「サーバー情報」画面
(バージョン4.7.1以前の場合はフローサービス管理コンソールの「ヘルプ」-「サーバ情報」画面)

  • パイプラインサービス

パイプラインコーディネーターの「Setting」-「システム情報」画面

ASTERIA WARP 4.9.1のWindows/Linux版にバンドルされているJava VMはJava SE 8 Update 74です。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • パイプラインサービス
  • フローサービス
  • 動作環境
  • バージョン
  • VM
  • Java
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する