「XMLのパースに失敗しました: Premature end of file」というエラーになります

フローやパイプラインを実行すると「XMLのパースに失敗しました: Premature end of file」というエラーになることがあります。これはXMLを解析するときに不正なXMLだった場合に起こります。

例えば、Converterコンポーネントで入力ストリームとなるXMLストリームをマッピングしなかった場合にこのエラーが起こります。その他、WebServiceコンポーネントを利用するときなど、XMLを利用する処理を実行したときに不正なXMLだった場合は同じようなエラーになることがあります。

このようなエラーになったときには、入力したXMLが正しいかどうかを確認するようにしてください。

またMapperコンポーネントで出力ストリームとなるXMLのフィールド定義を行っていない場合にも同様のエラーが発生します。「フローサービスマニュアル」の「はじめに」-「フローの構成要素」-「マッパー」に記載があるようにXMLのフィールド定義には最低でも文書要素の定義が必要です。Mapperコンポーネントの出力ストリームでXMLのフィールドが定義されているか確認してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • パイプラインサービス
  • フローサービス
  • エラーメッセージ
  • XML
  • パース
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する