パイプラインから別のパイプラインを実行するときにデータを渡すことはできますか?

パイプラインでは、ジョイントステージで「パイプラインを実行」アクションを使って別のパイプラインを実行することができます。このとき「引数マッピング」プロパティを使うと、次に実行するパイプラインにリクエスト引数としてデータを渡すことができます。

実行される側のパイプラインのリクエスト引数の「フィールド名」を引数マッピングの「引数名」の名前で定義すると、そのリクエスト引数に値が渡されます。リクエ スト引数は「パイプライン設定」画面の「リクエスト引数」タブで指定します。引数マッピングは「パイプラインを実行」アクションで「詳細切替」ボタンをクリック して表示される画面で指定します。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • パイプラインサービス
  • アクション
  • ジョイント
  • パイプライン実行
  • 引数マッピング
  • リクエスト引数
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する