CSVファイルの読み込みで空行が無視されなくなりました

コンポーネントの処理でCSVを読み込むとき、従来は空行を無視していましたがASTERIA WARP 4.1からは空行があっても無視せずに、指定されたフィールド数の値を空で埋めるように仕様変更されました。ASTERIA3、ASTERIA WARP4.0からバージョンアップする際には注意してください。

空行を無視して処理したい場合は、あらかじめ空行を削除したり、読み込んだCSVストリームをさらにRecordFilterコンポーネントを使って不要な行を削除したりしてください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • ASTERIA3
  • コンポーネント
  • ストリーム
  • CSV
  • 改行
  • 空行
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する