URL起動のフローでHTTPデータ受信時に「HTTPボディが長すぎます」というエラーが表示されます

受信するHTTPボディの最大サイズは、管理コンソールで設定します。

  1. 管理者(asu)で管理コンソールにログインします。
  2. メニューの「ツール」-「アカウント」を表示して該当のユーザー名をクリックします。
  3. 「コンテキスト設定」欄の「編集」ボタンをクリックし、編集ダイアログで「最大ボディサイズ」項目の値を変更して「保存」ボタンをクリックします。
    (バージョン4.7.1以前の場合は、「ユーザ:(ユーザー名)」のバーの右側に4つ並んだアイコンのうち左端の「詳細設定」をクリックし、詳細設定の画面で「コンテキスト設定」欄にある「最大ボディサイズ」項目の値を変更して「変更」ボタンをクリックします。)

※初期設定は1024KBです。

※コンテキスト設定はユーザーごとに設定します。

【注意】大きすぎる値に変更するとセキュリティ攻撃を受けた場合、メモリオーバーフローなどの原因になる可能性があるため注意が必要です。また、サイズ制限なしに設定することはできません。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • 管理コンソール
  • 実行設定
  • URL起動
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する