フローサービスのメモリ解放(Garbage Collection)について教えてください

フローサービスのメモリ解放には、JVM内部のメモリ管理機能であるガベージコレクション(Garbage Collection:以下GC)を利用しています。GCは実行時にヒープ内のオブジェクトが必要かどうかを判断して不要なオブジェクトのメモリ領域を解放しますが、フローでは処理完了後すぐにメモリが解放されません。また、メモリ解放は自動的に行われているため、そのタイミングを知ることはできません。

明示的にGCを実行するには、管理コンソールの「ツール」-「サービス」-「一覧」の「Garbage Collection」欄または「ツール」-「サービス」-「フロー」の「Garbage Collectionの実行」欄で、「実行」をクリックします。

※頻繁にGCを実行すると、GC処理の負荷がパフォーマンス低下の要因となるため注意が必要です。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • アーキテクチャ
  • メモリ
  • GC
  • ガベージコレクション
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する