フローサービスとDr.Sumを連携するときの制限事項は?

データベースとして利用する場合の制限事項

  • RDBPutコンポーネントの「実行する処理」プロパティで「Update/Insert」は指定できません。
  • OBJECT型は使用できません。
  • コネクション設定の「コネクションをプール」プロパティで「はい」は指定できません。
    「はい」を指定して使用した場合、コネクションでタイムアウトが起きるとその後の処理がエラーになります。
  • 同一コネクションを使用するRDB関連コンポーネントが1つのリクエスト内で複数配置した場合または各RDB関連コンポーネントの間に著しく時間がかかった場合、コネクションがタイムアウトしてエラーとなることがあります。コネクションのタイムアウト時間は、Dr.Sum本体のServer Settings(プロセスタイムアウト時間)により変更することができます。
  • RDBPutコンポーネントの「バッチ処理件数」プロパティが「1」以外の場合に「Function does not supported.」というエラーが発生することがあります。 ドライバーバージョンなどに依存する可能性もありますが、動作確認を実施して正常に動作しない場合は「バッチ処理件数」は「1」で利用してください。
    合わせてFAQ「RDBPutコンポーネントで「Function does not supported.」というエラーになります」も参照してください。

DrSumMdiコンポーネントの制限事項

出力には列のフィールド定義が必要です。列が可変になる場合には、検索条件などでフィールド数が固定になるように定義しておく必要があります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • コンポーネント
  • Dr.Sum
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する