SQL Server 2005とSQL Server 2000のJDBCドライバーを使うとデータベース接続がうまくいきません

SQL Server 2000のJDBCドライバーには不具合があるため、SQL Server 2005のJDBCドライバーと同時に使用するとSQL Server 2005のJDBCドライバーを認識しない場合があります。この状態では、SQL Server 2000のJDBCドライバーでSQL Server 2005へ接続することになり、フロー実行時に下記のようなエラーが発生する場合があります。

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール
 (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。
パラメータ 1 (\"\"): データ型 0x38 が不明です。

対処方法は2つあります。

  • SQL Server 2000用のJDBCドライバーを使用してるコネクション設定をすべて削除します。SQL Server 2005のコネクション設定を作成した後、再度SQL Server 2000のコネクション設定を再作成します。
  • SQL Server 2000用のJDBCドライバーを削除し、SQL Server 2005用のJDBCドライバーでのみSQL Server 2000とSQL Server 2005にアクセスするようにします。

※JDBCドライバー自身の仕様については、Microsoft社に確認してください。

※ASTERIA WARP4.2.0以上のバージョンではこの問題に対処したため、上記エラーが発生することはありません

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • パイプラインサービス
  • フローサービス
  • RDB
  • コネクション
  • JDBCドライバー
  • "SQL Server"
  • アクション
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する