ASTERIA WARPで共有フォルダにアクセスするには?

ASTERIA WARPでWindows共有フォルダへアクセスする場合、ASTERIA WARPをサービスまたはアプリケーションで起動するユーザーが「パススルー認証」で共有フォルダへアクセスできる必要があります。「パススルー認証」の方法としては、該当の共有フォルダが存在するサーバー上にASTERIA WARPを起動するユーザーと同じユーザー名、同じパスワードのアカウントを作成します。

※UNC名「\\(サーバー名)\(共有フォルダ名)\(ファイル名)」でのアクセスが可能です。ネットワークドライブに割り当てた場合の動作はサポート対象外です。

※ASTERIA WARPの起動ユーザーは、デフォルトではローカルシステムアカウントが使用されます。該当の共有フォルダのサーバーに同様のアカウントを作成するために、サービスで起動するユーザーはAdministrator権限を持った別ユーザーに変更する必要があります。

【注意】上記は、Windows同士を前提として説明しています。Sambaサーバーなどの場合は異なる部分があります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • パイプラインサービス
  • フローサービス
  • 動作環境
  • Windows
  • 共有フォルダ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する