RDB処理の高速化とメモリ使用量削減

バージョン4.6から、RDBGetコンポーネントにJDBCのsetFetchSizeに値をセットできるプロパティを実装しました。

※Oracle、SQL Serverなど商用RDB系のDB連携では10倍以上の高速化を実現
※MySQL、PostgreSQL系では実行時のメモリ使用量を低減

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • RDB
  • JDBC
  • RDBGet
  • フロー
  • 4.6
  • オンラインデモ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する